星の見える一本道

主にポケモン。たまにWUGなど

チャンピオンズリーグ2019京都 レポート

ブログではお久しぶりです。永です。
シニアだし参考にはならないので個人的に供養します。というかたぶん以降の対戦レポート全般たぶんこっちに載せます。よろしくお願いします。



Pokemon Card Game ChampionShip Series 2019

チャンピオンズリーグ2019 京都



ジラーチピカチュウ&ゼクロム

年度の頭ということもあり時間がとれず自身で環境の考察とデッキの模索ができなかったため、チームでの考察で最有力候補となっていたグランブルを考えていた。しかしレシリザに対しサイドレースでギリギリ追い付けない試合が多く、またサイド4枚のうち3枚がエネとなる事故もあり、現状のレシピだと安定性に欠けていてCLに持ち込むには不完全すぎるという結論に至った。

シニアの環境において
Tier1 レシリザ・ガブギラ
Tier2 ウルネク・ピカゼク・ジラサン
Tier3 サナニンフ・ルガゾロなど
という考察を行っていたこともあり、レシリザに安定して勝てないデッキは論外であるという認識もあった。

そこで、メンバーの一人からジンさんという方がCL千葉で使用されていたピカゼクを紹介して頂いた。(記事はnoteで公開されています。念のため)

このデッキの強い点は大まかに
・先攻を取り1ターン目にリーリエ+やぶれかぶれを打つだけで盤面をほぼ制圧できる
・後攻を取っても1ターン目にフルドライブを宣言しやすいように組まれているため後攻のデメリットが少ない
の2つである。特に溶接工がデッキのコンセプトとなるレシリザに対しては、先攻でやぶれかぶれを言うと要求を満たせずに一方的に殴り続けられることが多い。

レシリザが非常に多いと予測していたため対レシリザで勝率を保てるのはとても重要だった。さらにTier2以下はほぼ一定数ずつ環境に存在する、いわゆる「大怪獣バトル」の様相を呈することもある程度予想がついたので、どこに対してもデッキパワーで押し潰せる可能性のあるこのデッキはシニアの環境に非常に有効であると考えた。(デッキを詰めきれなかったためピカゼクの方が強かった。)

微調整の結果がこちら


(シティリーグではエネを1枚減らしジラーチを4にすることでさらに安定を図った)


☆当日のマッチング
1.vsニダンギルガンランド後 ×(1-6)
2.vsレシリザブースター先 ○(6-0)
3.vsレシリザ先 ○(6-1)
4.vsズガアゴ後 ○(6-3)
5.vsピカゼク先 ○(6-2)
6.vsマージフェッシ先 ×(5-6)
7.vs小ズガ先 ○(1-1)
8.vsガブギラミミゲンマージ先 ×(0-1)

5-3


※柔らかめの文体になります。あしからず

☆対戦詳細
1.vsニダンギルガンランド後 ×(1-6)
マシャスタートで2ターンほど全く動けず返せなくなって負け。

2.vsレシリザブースター先 ○(6-0)
先攻1ターン目で盤面を完成させやぶれかぶれを打つと、相手が動けなくなり押し切って勝ち。

3.vsレシリザ先 ○(6-1)
先攻1ターン目で盤面を完成させやぶれかぶれを打つと、相手が動けなくなり押し切って勝ち。ちなみにこちらもやぶれかぶれ後事故り気味だったが誤差の範囲。

4.vsズガアゴ後 ○(6-3)
後攻1ターン目で完璧に展開しやぶれかぶれを打ってフルドライブで前のベベノムを倒す。相手は2ターン目にほぼ動けず、返しにタッグボルトでテテフgxとメタモンを取ってビーリン圏を脱する。相手はトップでハイパーボールを引き解決するが、そのまま押し切って勝ち。

5.vsピカゼク先 ○(6-2)
先攻1ターン目で盤面を完成させやぶれかぶれを打つが、相手はハイパーボールからリーリエで8枚ドロー。しかしそこから続かず、こちらが先にフルドライブでサイドを取りながらマーシャドーGXで圧力を掛けそのまま押し切って勝ち。

6.vsマージフェッシ先 ×(5-6)
マーシャドースタートで全く動けずターンを返すと相手は鳥肌が立つほど完璧に回り、前にビーエネハチマキ3エネフェッシ、後ろに2エネフェッシという1ターン目とは思えない強固な盤面に。タッグボルト260で前を強引に倒すもギリギリで追い付けず負け。
これだけ炎ばかりの環境でフェッシを握ろうと思った心意気と4-1まで上がってきた実力には敬意を表したい。

7.vs小ズガ先 ○(1-1)
先攻1ターン目で盤面を完成させやぶれかぶれを打つが、相手は五枚の手札から溶接工で前に二枚つけ3枚ドロー、ヒートファクトリーでさらに3枚ドロー。!?!!? となるがたねポケモンは引けなかった様子。ブレイザーでジラーチが落ちるも次のフルドライブで勝ち。

8.vsガブギラミミゲンマージ先 ×(0-1)
マーシャドースタートでほぼ動けずホラーハウスからポルターガイスト350。オーバーキル…



まあ~この上なく不甲斐ない結果ですねw
もうちょっと勝てないと人権貰えない……
環境はほぼ予想通りでしたが、小ズガが予想以上に多かった。そして上位卓に行くほどレシリザの割合が減り、ピカゼクウルネクルガゾロジラサンHANDにメガニウムラグラージなど、何でもありの大怪獣バトルでした。
フーパブラッキーを思い付いていなかった状態ではデッキ選択は正解だったと思います。ただし詰めきれたレシリザの方が強かった。気がする。
JCSは考察の時間をきちんと取ってデッキを考えたいです。



永(@shichieichou)