星の見える一本道

永がポケモンのこと投稿したり無星卓のこと紹介したりするところ

気持ちの持ち方について(軽く) vol.S-1

世に“コケコランドグロス"というものを送り出してからはや半年。

なかなか結果を残せずに(というかポケモンあんまり触ってないし)過ぎた半年で永さんが得た、少しばかりの教養を書いていきたいと思います。

 

 

サイクル / 対面

簡単に言うと、基本的に「少しは受ける」ことを前提にした構築の種類、という風に思っています。サイクル構築を考える上で、釣りや選出誘導といった試合のときの読み合いが非常に重要になってきます(と勝手に思っています)。

私の思ったこととして挙げられるのは、

4倍弱点を、人は思った以上に意識してしまっている

ということ。

自陣に4倍弱点をもつポケモンが存在し、かつ相手のめざパ等で突かれることを想定している場合の立ち回りについて簡単に調査したところ、かなり弱気になりがちだということが浮き彫りになってきたように思います。

「受ける」ことを前提にした構築である以上、仕方のないことなのかも知れませんが、上位に食い込んでくる強者の殆どが、この課題を乗り越えているのかな、と。何らかの形で、ね

 

立ち回りの話が出たので、ついでにもう一点。

具体例から入らせていただきますが、たとえばメガバナーテテフが対面したとします。

バナ側であるあなたは、どうするのが正解か、という問題。

疲れたのでこの私なりの回答と解説は次回に回させて頂きますね。あしからず

 

 

f:id:eihydre:20170911162209p:plain

 

総じて、構築としての要は、処理ルートのないポケモンをあまり作らないこと、自チームに対する選出の傾向を把握しておければなお良い、というところでしょうか。

 

読んでくださり、本当にありがとうございました。

一回の負担を軽くしていっぱい投稿しよう作戦、上手くいくのでしょうか…

では、シリーズ次回にご期待ください!

 

 

 ポケモン記事リンク

 

みょん (youmu@poke) 

へるつ (hz1016hz) 

玉葱 (tamanonegi) 

オペヌツ (openutu) 

どの記事も面白く、良い記事ばかりなので、お暇な方は読んでみて頂けると嬉しいです!